九大家庭教師の会——9つのポイント

九大生・OBのベテラン家庭教師陣が設立し経営する家庭教師紹介会社です。

updated 2016-03-03
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 九大家庭教師の会とは > 9つのポイント

当会の家庭教師の「ここが違う!」9つのポイントを紹介します。それから、3つのデメリットについても正直にお伝えします。

つのポイント

厳しい採用試験を通過した教師による、質の高い指導を提供します

詳しくはこちら

相性のいい教師に巡り会えます


詳しくはこちら

生徒にぴったり合った学習計画に基づいて指導をします

詳しくはこちら

解答を教えるのではなく、
「勉強のやり方」を教えます

詳しくはこちら

生徒が頼れる・憧れる、
「九大のお兄さん・お姉さん」
を目指します

詳しくはこちら

「6年先」を見据えた進路指導を目指します

詳しくはこちら

指導料金は全学年共通
3,240円(1時間あたり)です

詳しくはこちら

担当教師だけでなく、会全体で
生徒の学力アップを支えます

詳しくはこちら

学習相談も受け付けています

詳しくはこちら

3つのデメリット

プロ講師にくらべて経験不足

詳しくはこちら

他社にくらべて
小中学生の指導料が割高

詳しくはこちら

苦手科目を指導する場合、
学校の成績が一時的に下がる
可能性がある

詳しくはこちら





1 厳しい採用試験を通過した教師による、質の高い指導を提供します

当会では、「ただのアルバイト講師」は一切採用しておりません。

大学受験レベルの学力試験に加え、2度の面接試験(実技を含む)を通過したごく一部の優秀な学生を、家庭教師として採用しています。

したがって、当会の家庭教師は学力はもちろんのこと、学習計画立案の能力・指導力・人間性なども厳しくチェックされています。
もちろん、それに加えて研修もしっかりと実施しています。

我々が自信を持って送り出せる家庭教師をご紹介致します。

上に戻るLinkIcon

2 相性のいい教師に巡り会えます

生徒にも教師にも、様々な性格・タイプがあります。
話し好き、口べた、にぎやか、おとなしい、楽観的、慎重、……

人間同士ですから、互いの相性がいい方がより良い効果を得られます。

そこで当会では、まず教師に関するご要望やお子さまのタイプをお伺いしてから、担当教師の候補を決めます。その後、その教師がお子さまに合っているかどうか、体験指導と面談を通して確認していただくことができます。

もしイメージと違った場合は、再度体験指導を受けていただくことができますのでご安心ください。

上に戻るLinkIcon

3 生徒にぴったり合った学習計画に基づいて指導をします

小学生の頃、夏休みの宿題計画表を立てたけれど、結局予定通り達成できなかった……。そんな経験はありませんか? その一因は、無理のある計画だったから。

夏休みの宿題なら笑い話で済むかもしれませんが、受験勉強となるとそうもいきません。

当会の家庭教師は、お子さまに合った「指導計画書」を作成します。まずお子さまの現在の学力を把握し、目標達成までにどれだけ学力を伸ばさなければならないかを明らかにします。そして、例えば「苦手克服→基礎理解→応用理解→演習」というように、無理なくステップアップできるような計画を立て、指導を行います。

上に戻るLinkIcon

4 解答を教えるのではなく、「勉強のやり方」を教えます

「毎日2時間は勉強しているのに、成績が上がらない」
「頑張って暗記したのに、テストの時には忘れている」
「定期テストはいい点なのに、模試の得点は悪い」

などの誰もが抱く悩みを、勉強法を変えることで解決に導きます。

問題の答え合わせしかしない家庭教師では、成績を伸ばせません。
当会は、生徒自らが効率よく勉強に取り組み、成績アップ・志望校合格につなげられる家庭教師をご紹介したいと考えています。

上に戻るLinkIcon

5 生徒が頼れる・憧れる「九大のお兄さん・お姉さん」を目指します

九大生も、ほんの数年前までは中高生でした。「勉強したくない」「成績が伸びない」などの悩みも抱えていました。だから当会の家庭教師は、年齢を重ねた講師よりも生徒の気持ちを理解しやすいという強みがあります。

お子さまの悩みに向き合い、考えを認めることで、いつの間にか頼れる存在になっているはずです。
また、数年後には大学生になるお子さまにとって、九大生はあこがれの存在にもなれるでしょう。

お子さまのモチベーションを向上させるには、きっと当会の家庭教師がお役に立てると思います。

上に戻るLinkIcon

6 「6年先」を見据えた進路指導を目指します

通常、中学生は高校受験を、高校生は大学受験を意識するでしょうが、九大家庭教師の会では、さらにその先の将来を見据えて指導を行いたいと考えています。

中学生には、「大学とはどんな場所なのか」「大学でどんなことを学べるのか」といった大学進学への興味付けをし、高校入学の先の展望を生徒自身が描けるような進路指導をしていきます。

高校生には、「大学で学ぶことがどのように社会で役立つのか」「志望大学(学部)の卒業生は実際はどんな会社に就職しているのか」など、大学卒業後の進路を意識した指導を行い、志望校選択に役立ててもらいます。

上に戻るLinkIcon

7 指導料金は全学年共通 3,240円(1時間あたり)です

九大家庭教師の会では、受験生の指導についてもそれ以外の生徒と同じ指導料金としております。

これは、「生徒の学年・受験の有無」によって「指導にかかる労力・傾ける情熱」が変わるわけではないと考えているからです。したがって、小学生から大学受験生まで、一時間あたりの指導料を一律3,240円(税込)に保っています。

上に戻るLinkIcon

8 担当教師のみならず、会全体で生徒の学力アップを支えます

一般に家庭教師の指導の効果は、教師個人の指導力にのみ依存するものですが、当会はそれではいけないと考えています。
当会の家庭教師も、厳しい採用試験を通過しているとはいえ、指導力には個人差があります。また、指導プラン作成に慣れていない場合もあり、個人の能力だけでは完璧とは言えません。
そこで当会では、教科主任やベテラン教師によるアドバイス・研修を行っています。会全体で教師一人一人をバックアップすることで、教師個人の指導方法や指導計画作成の能力を向上させ、すべての生徒の学力向上を目指します。

上に戻るLinkIcon

9 学習相談も受け付けています

家庭教師は担当科目の勉強を教えるだけが仕事ではありません。お子さまの学習に関するあらゆる相談もお受けしています。

「塾との併用について」「志望校の変更」「模試の活用の仕方」「家庭学習環境の整え方」など、多岐にわたるお悩みの解決を、できる限りお手伝いしたいと考えております。時には教師一人の手に余るご相談もあるかもしれませんが、その場合は当会の教科主任や運営スタッフが一丸となって対応いたしますのでご安心ください。

上に戻るLinkIcon

デメリット1 プロ講師にくらべて経験不足

当会の家庭教師を含め学生家庭教師は一般に、プロの家庭教師と比べて指導経験が少ないといえます。この点について、不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、多くの場合それは事実ですが、当会では、教師個人の指導力アップのための取組みを行い、会全体でお子さまの学力向上を支えていく方針を取っています。(ポイント8参照)
また、「学生」家庭教師ならではの利点(ポイント5参照)もあります。
これらによって、当会ではプロ家庭教師に負けない指導効果を実現していると自負しております。

上に戻るLinkIcon

デメリット2 他社にくらべて小中学生の指導料が割高

当会の指導料金は全学年共通3,240円(一時間あたり)ですので、特に他社の小学生・中学生の指導料と比べると割高です。

なぜ指導料を安くしないのか? それは、「どの学年のどの子にも、その子ならではの指導の難しさがある」という当会の考えに基づいた価格設定だからです。

当会では小学生でも大学受験生でも、学年の別なく、お子さまに必要な学習指導・進路指導を全力で行ってまいります。小学生だからといって、あるいは受験生でないからといって指導の手を抜くことは決してしません。
そのための価格設定だということをご理解いただければ幸いです。(ポイント7参照)

上に戻るLinkIcon

デメリット3 苦手科目を指導する場合、学校の成績が一時的に下がる可能性がある

変なことを言うものだ、と思われるかもしれません。

しかし、考えてみてください。
苦手を克服する、というのはどういうことでしょうか?

多くのお子さま・保護者様は、「学校の成績が上がること」と思われるでしょう。

ところが、場合によってはそれは非常に危険なことでもあります。
「学校のテストをなんとかしのげれば良い」と付け焼き刃的な対策ばかりしていると、いつの間にか基礎力がおろそかになっていきます。そして、いざ受験勉強となったときに基礎力が全く足りておらず、応用問題が全く解けない事態となるのです。

当会の家庭教師は、「真の苦手克服」のために基礎問題の徹底反復を指導します。時には2~3年前の学習内容に戻ることもあります。基礎力の醸成にはどうしても時間がかかりますので、その間、学校の苦手教科の成績が下がるかもしれません。

しかしこの指導方針は、その後の成績の飛躍を目指すものですので、一時的なデメリットとして捉えていただきたいと思います。
ポイント3ポイント4参照)

上に戻るLinkIcon